着物を売る為にやっておくべき事と価値の分かる人に販売する

私の家には、昔母が着ていた着物が何着かありました。
母も祖母から譲り受けたものみたいで、もう着ないので処分してもいいとの事でした。
私はこの着物を販売しようと考えました。
まずはリサイクルショップに買い取りに出す、ネットでオークションで販売する、フリーマーケットで販売すると色々考えましたが、やっぱり着物専門の買取業者に買い取ってもらう事にしました。
専門家の方が着物自体の価値がちゃんと分かると思いましたし、着物自体も丁寧に扱ってもらえると思いました。
次に着物をいかに高く買い取ってもらえるかを考えました。
もちろん着物自体の状態が良い、湿気でカビが無い事や防虫剤の臭いがしない事、それ以外に付属品を全部そろえておくのも大事です。
また今回売る着物に中に高価な着物が2着あり、その着物の価値を証明する証紙がある事も大事です。
証紙とは産地やブランドを証明する登録商標で、宝石で言えば鑑定書のようなものになります。
今回の着物には2着とも証紙はありました。
高価な着物でも証紙等が無い場合は、有名な方の着物とは分かっていても値段としては下がってしまう可能性が高いです。
このようなことを気をつければ、少しでも高くタンスに眠っている着物売ることができると思います。