日本人の男性で着物姿の女性が嫌いな人っているんですか?

日本人の男性で、果たして着物姿の女性が嫌いという人間はいるのでしょうか。私はいないと勝手に思っています。
やはり着物を着た女性というのは色気がありますよね。黒髪を結ってチラリと見えるうなじとセットで、男であればググッと来るのではないでしょうか。
しかし女性に聞くと、着物を着るのは好きだし可愛いと思っているが凄く大変なので、という答えが返ってきます。これは実に勿体無いと思いませんか。
最高の素材を活かす術があるにもかかわらず、大変さと天秤にかけてそれを失っているのですから。
ただ女性の言い分も分かります。私も普段はスーツを着て仕事をしていますが、ネクタイを結いながらの生活は結構疲れるんですよね。
でも女性はスーツ姿の男性にグッとくると言います。まぁスーツでバシッと決めるのはカッコいいことだとは思いますが、可能ならばもっとラフな格好をしたいんですよね。
話は逸れましたが、女性に着物姿が何故あんなにグッと来るのか考えてみたのですが、あの歩き方がポイントなのかなと思いました。
着物はその性質上、大股でドカドカと歩くことはできません。走る時ももちろんそうです。基本的には小股でちょこちょこと歩く形になりますので、それがまた可愛らしく感じてしまうのかなと思うのです。
着るのは大変だということは重々承知していますが、もうちょっと着物を着てくれる女性が増えると目の保養になるなと思う今日この頃です。

着物の保存の仕方をないがしろにしたせいで……。

私が若かりし頃、両親や姉夫婦、そして自分自身でも着物をとにかく購入していました。その枚数は恐らく30枚ほどになると思います。
そんなこんなで買い溜めていた着物ですが、結婚して主婦業に専念するようになると着る機会も無くなり、文字通りタンスの肥やしとなってしまっていました。
そんな着物たちですが、このまま朽ちていかせるのなら何とか復活をさせられないかと色々と思案し、姪たちに譲ることを決めたのです。
こうして久々にタンスから取り出した着物たちですが、何とあまりにもタンスから出さなかったためか虫食いがチラホラ。ショックでした。
これでは姪たちにあげても喜ばれるはずもなく、中古で売却しようにもあの状態では……ということで泣く泣く廃棄することにしたのです。
廃棄する時、本当に心が痛みました。今は亡き両親の想い、姉夫婦の想いを踏みにじってしまっているような気がしたからです。
また自分自身でも身銭を切って購入していたので、その分のお金を貯蓄に回しておけばと後悔しきりです。
着物の保存方法について深く考えることが無く、ただ単にタンスに入れっ放しにしていた自分を叱りたいです。
どうか着物をお持ちの方でそれをないがしろにされている方がいらっしゃれば、考えを改めてください。
保存の仕方によっては、宝物も腐らせてしまいます。絶対に気を付けるようにしてください!

着物を売る為にやっておくべき事と価値の分かる人に販売する

私の家には、昔母が着ていた着物が何着かありました。
母も祖母から譲り受けたものみたいで、もう着ないので処分してもいいとの事でした。
私はこの着物を販売しようと考えました。
まずはリサイクルショップに買い取りに出す、ネットでオークションで販売する、フリーマーケットで販売すると色々考えましたが、やっぱり着物専門の買取業者に買い取ってもらう事にしました。
専門家の方が着物自体の価値がちゃんと分かると思いましたし、着物自体も丁寧に扱ってもらえると思いました。
次に着物をいかに高く買い取ってもらえるかを考えました。
もちろん着物自体の状態が良い、湿気でカビが無い事や防虫剤の臭いがしない事、それ以外に付属品を全部そろえておくのも大事です。
また今回売る着物に中に高価な着物が2着あり、その着物の価値を証明する証紙がある事も大事です。
証紙とは産地やブランドを証明する登録商標で、宝石で言えば鑑定書のようなものになります。
今回の着物には2着とも証紙はありました。
高価な着物でも証紙等が無い場合は、有名な方の着物とは分かっていても値段としては下がってしまう可能性が高いです。
このようなことを気をつければ、少しでも高くタンスに眠っている着物売ることができると思います。

海外における着物の販売

現在は海外における着物の販売が、積極的に模索されるようになり始めているとされています。本格的に着物の文化を取り入れたいと考える国や地域が多数存在するようになってきており、日本では海外での着物の販路の開拓に本腰を入れる動きが見受けられています。特にアジア圏内においては、着物を買いたいと希望する人が非常に多く存在しているとみられているため、そのエリアでの着物の販売は積極的なものとなりつつあります。着物を作る企業にとっては新たなチャンスとして前向きに捉えられているため、これまでにない販路の開拓に期待が寄せられています。
年々海外における着物の販売に関する実績は高くなってきており、日本から輸出されるものの一部分として、幅広く認識されています。このような動向は継続して見受けられていくのではないかと予想されているため、着物の販売が海外ではより高い頻度で行われるようになるのではないかと思います。和装に関連した分野においては、こうした傾向を更に後押ししようと意識する流れが確立してきており、一層多くのエリアに対して着物の販路が確立されていくものとみられています。日本と同様に着物の文化が定着する地域も多くなるでしょう。

祭りや花火大会の日に着物を着た感想

近所で行われている祭りに行く時に、男性用の着物に着替えて出かけていきますが、率直な感想としては普段着よりも風通しが良いと感じました。私は花火大会などのイベントの日に夏に暑苦しく感じない事を優先して、専門の着物の店で店員から風通しの良い商品を勧められました。初めて購入した時には試着室では着方が分からなかったので、遠慮なく尋ねて、店員が親切に正しい着方を教えてくれました。
肌襦袢という服がアンダーシャツの役割を果たしていて、汗を効率よく吸い取る肌襦袢を試着しました。羽織る方法として自分から左側を前にして羽織る事が原則で、右側を上にして試着する時に違和感を感じました。半襦袢を試着した後に裾除けの着方を教えてもらって、適合している事を実感して、数万円程度で購入を決めました。腰に付ける紐は私のお腹回りの大きさに合わせて、店員が無料で上手に調節してくれた事に感謝しています。
実際に祭りの日に購入した着物を着る場合は店員から着方の写真を貰って、教えてもらった通りに着れた事に納得しました。夏祭りや花火大会が開催されていた時、夜間は蒸し暑い状況でしたが、風通しが良い着物を着ていた事で息子と一緒に気持ち良く花火を見る事ができました。

着物を着たときはすごくうれしかった

私は子供のころに、自分のうちは貧乏だと思ってしまっていましたので、母親は高価な着物などもっていませんでした。
でも、近所に住むクラスメイトのお母さんは、休みの日に着物を着て出かけていくのを見てしまって、うらやましいと思いました。
私は、自分は大人になってOLになったら、自分の給料で着物を買って絶対に着たいと思ってしまったのでした。
でも高校をでて、OLになっても給料は父親に管理されてしまっていました。
父親は母親と離婚していましたので、経済的に余裕がなくて私の給料はそのまま父に預けて、毎月4万円をもらっていました。
自分の給料なのに、自由にできなくて好きなものが買えずにいつも不満に思ってしまっていました。
でも、結婚が決まって自分の給料を好きに使えるようになって、初めて買ったのが付け下げでした。
その付け下げ訪問着は、帯と合わせて70万円ほどしましたが、買ったときは感動しました。
そして、自分で着付け教室にかよって、自分で着物が着れるようになったのでした。
付け下げ訪問着を着て、友人の結婚式に出たときは、すごくうれしかったです。
でも、その着物は太ってしまったので、あまり着ることもなくなってしまったのでした。

着物の展示会の開催

近年では、多くのエリアで着物の展示会が開かれるようになりつつあるのではないかと推測されています。多彩なタイプの着物を同時に見ることのできる機会であることが多いため、積極的に展示会を訪れる人が増加の傾向にあるとみられています。着物を作っているメーカーからの出展が多いとみられていることから、展示会自体の質がたいへん高いものとして認識されています。継続的に展示会の開催されている地域も複数存在していると考えられていることから、着物を見たいと希望する人が、リピーターとして何度も訪れるケースも見受けられています。
新たな着物を展示する機会としては最適であるとみられているため、毎回複数の出展者が登場しているのではないかと思います。斬新なデザインの着物を複数見学できると捉えられることが多く、実際に展示会を訪れた人は満足している場合が多いのではないかと推測されています。着物の展示会は今後も比較的高い頻度で開かれていくのではないかと予想されています。そのため、これまでよりも着物を展示する機会が注目を集めるようになるとみられており、展示会に継続的に訪れる人も年代を問わず増加し続けていくのではないかと大きく期待されています。